バーチャルSSL利用方法

ホームページにSSLを導入する
バーチャルSSLとは、当社においてSSLキーの取得から運用までを行い、そのキーによる通信の暗号化を行うものです。仮想的にSSLを利用するため、リンクや画像へのパスにご注意いただく必要がありますが、極力手間のかからないよう設計しております。
お客様専用のSSLキーを設定するサービスもございますので、お問合せ下さい。

SSL通信を利用するには、以下のURLへホームページの閲覧者を誘導(リンクの設定)をしてください。

   https://www.majaja.com/virtual/www.[ドメイン名]/

SSLなしのページと同じ内容が表示されます。
これを参考にご希望のURLへ書き換えてください。
その際に、InternetExplorerの場合右下に錠のマークがあることを確認してください。
これがない場合は暗号化されていません。

・メールフォームなどにご利用の場合は、CGIだけでなく入力フォームからSSL対応ページする必要があります。
・表示されたページに絶対パス(http://からはじまるリンク指定)などがあると、警告が表示されたり、暗号化通信からはずれることがありますので、相対パス(./や../、ファイル名などではじまるリンク指定)による指定をしてください。画像の指定も同様です。

・「/」ではじまるリンクを指定されいる場合は、正常に動作しません。かならず、相対パス(./や../、ファイル名などではじまるリンク指定)で指定してください。
・FTPによるSSL用ディレクトリ(フォルダ)があるわけではありません。

SSLスマートシールを貼って、SSL利用をアピール

SSLスマートシールを貼ることが可能です。
適当な場所に以下のHTMLを貼り付けてください。
スマートシールとは、SSLを利用し暗号化通信に対応していることをお知らせするものです。


注 SSL暗号化通信を提供するものであって、情報漏えい等の保障をするものではありません。